よさこいとは

よさこい祭りとは

近年、全国的な拡がりをみせる「よさこい踊り」は、昭和29年8月に「よさこい祭り」として 高知県で始まりました。以来、毎年8月9日から12日までの4日間、高知市内10ヶ所の競演場で150チーム、約16,000人の踊り子がチームごとに独自の振り付け、華やかな装飾を施した地方車を先頭に舞い踊ります。

この祭りは、戦後の荒廃した全国的な不況の中、商店街の振興を促すと共に顧客への日頃の感謝の 気持ちを込めて高知商工会議所が中心となって発足しました。

この祭りの基本的なルールはいたって簡単で「手に鳴子を持つこと」「音楽には”よさこい鳴子踊り”を取り入れること」の2点だけ。時代の流れと共に細かなルールも加えられてきましたが、いつでもこの2点が基本のルールである事に変わりはありません。

現在では、参加者が16,000人を越えるよさこい祭りも、第1回の参加者は750人、参加団体は21チームでした。それから毎年膨らみ続け絶えず新しいものを取り入れながら、チームの個性化も進み髪型や衣装も華美になってきました。

振り付けもジャズダンス調、ヒップホップ調、日本舞踊調と様々に工夫を凝らし、音楽もロックやジャズのバンド演奏も増えてきました。いつでも時代の世相を反映し見る者の興味を尽きさせない祭りです。

現在、全国100ヶ所以上で開催されているよさこい踊りの中でも、例年6月、札幌市内で開催される「YOSAKOIソーランまつり」は、全国によさこい踊りが拡がるきっかけを作った事で知られています。11年前に北海道の大学に通う一人の若者が、高知県で見たよさこい祭りに感動し、それを道内の人たちにも伝えたい想いから仲間に呼びかけて運営組織を作り、10チーム、1000人の参加者で第1回を開催しました。それから回を重ねるごとに盛り上がりを見せ、昨年開催された第10回では408チーム、41000人が参加する大規模なものとなりました。

それに併せて経済効果でも大変な成功をおさめ、全国の行政、経済団体などからも注目される事となり、飛び火するように全国に拡がっていきました。

よさこい踊りの文化・歴史

よさこい祭りは、日本の文化と伝統において比較的歴史が浅いように思われがちですが、古来からの日本の踊る祭りのスタイルを時代を超えて引き継いでいるとも言えます。

室町時代から江戸時代に掛けて「風流」や「伊勢踊り」、「ええじゃないか」など踊る風潮がたびたび全国的な規模で流行しています。

沼津市では大瀬崎の「いさみ踊り」が当時のええじゃないかを現在に伝えていると言います。

また、静岡市では安土桃山時代にすで既存の祭りとなっていた現在の「静岡祭り」に発展する原型の祭りが、徳川家康の駿府城築城の頃、風流の流行に影響されて華美になり、連(チーム)ごとにきらびやかな衣装に身を包み、踊りを競いあったことが記録されています。その祭りのスタイルは今の「よさこい祭り」そのものではないでしょうか。